FC2ブログ



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
和の意志
和は案外と意志がはっきりしているように思う。

私と違ってセイチャンはこう!と自分が思ったらこう!な人間で人に流されない。

そんなセイチャンを羨ましいな~と思つつ、ある意味こういう生き方は世の中の流れに反していて生きにくい。
もっと、人に話を合わせて要領よくやればいいのにッ!と損ばかりしているセイチャンを横で見ていつも思うのだが「そういうこと」自体がメンドクサイらしい。
それでも本人はなんだかノビノビやっているから幸せなんだろうけど(笑)


和はセイチャンに似ている。


まさに「美味しい」がそうなのだ。
「美味しい」は手を頭の後ろ(たぶんホッペをおさえているつもり…笑)をトントンたたくんだけど、当初は「おいし~ね~」とこっちが言うとそのジェスチャーをしていた。
なのに最近は「美味しい?」って聞いてもやらなくなってしまったのだ。

この頃憶える代表的ジェスチャーなのだが、可愛い仕草見たさに、ほとんどは周りが「おいしいね~、ほら、おいしいね~」などと面白がってやらせる。
やっているというより、やらされている、が近いのかもしれない。

コレをやると、皆がニコニコするから、ついやっちゃう。
ある意味、犬の「お手!」みたいなもの?

民生も実際そうだった。
彼はアホがつくほど愛想が良かったから、コレを水を得た魚のようにやっていた。

「おいしい~?」と聞くと愛想よく毎度ニコニコこれをやっていた。
それでどんどん食わされていたのだが…(笑)


なのに和はやらない。


単純なことだ。


もう自分が美味しいと思わなければやらなくなったのだ。


好き嫌いなくなんでもモグモグたべるが、全て「おいしい~、好き!」ではないようで、こっちが強要しても「おいしい」はやらない。
こっちにつられてやっちゃう~。ってことがないのだ。

最近は美味しいの後には『ちょ~らい!』のオマケがついてくるから笑えるが(右手は美味しい+左手はちょーだいの直結バージョンもある)・・・・美味しい…から…ちょうだい!なのね・・・・素直な感覚(笑)




それから「いただきます」もだ。
大分前に憶えた「いただきます」のジェスチャー。
食事の前にやるそれも最近やらなくなっていた。

「ほら、いただきますは?やったほうが美味しいよ」と言って手を持ってやらそうとすると、手を振り払って早く食べさせて!とものすごく怒る。

あんなに素直にやってたのに、どうしてだろう、、、、?
行儀悪いしワガママだな~と思っていたのだが、本日判明。

今日も食事の準備をして和の手を洗い、エプロンをつけて、イスに座らせる。
それからバタバタと流しに布巾を濡らしに行った。
そんで・・・何気なく振り向くと、手を一生懸命あわせている和が見えた。



・・・・・「いただきます」を和は毎回していたのだ。



なのに私は、いただきますは?と何度も何度もヒツコク聞いていた。
そう、ちゃんとしたのに、なんで食べさせてくらないのだと和は怒っていたのだ。

なるほど。そりゃ怒るわな。

でも、こっちに合わせて「ちょっとやっちゃえば」それで丸く収まるのに~

まったくミョ~にこーゆーとこ頑固なんだよな~(笑)

誰かによく似てます。(今頃クシャミ)



0320







スポンサーサイト
テーマ:★★1歳児の日常★★ - ジャンル:育児
和さんの日常トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
<<卒業!! | ホーム | スポンジボブ弁>>















管理者にだけ表示を許可する
トラックバックURL
http://flicky.blog50.fc2.com/tb.php/288-52a7a018
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
<プロフィール>

etsu

Author:etsu
フリーのグラフィックデザイナー。
中学生の息子「民生」とひとまわり離れた娘「和」長男とも思える「セイチャン」(旦那)とデカい犬「ハナ」に囲まれて毎日はマンガの様な事ばかり。
頭の中をめぐることチョッコとダラダラ書き連ねてみましょう・・・・・

ランキング
ブログランキングに参加中。 ここをクリックして 応援してください~!
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2拍手ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。